VET

獣医師の方

診療でのご利用イメージ

Case1:経過観察・判断基準のサポートに

おくはら動物病院:奥原先生
治療方針の指標として優れています

プラスサイクルは術後の経過観察において非常に有用だと思います。
実際、手術前後で患者の回復とともに活動量が増加してくることがDr. SITEで確認できましたし、重症症例や慢性疾患にも使えるという
手ごたえもあります。たとえばロコモティブな症例などでは、
どこから外科的な処置に入るか、内科的な治療をどこまでやるかという、
ひとつの判断基準になりえると思いますね。

Case2:治療・投薬の効果測定のサポートに

投薬の効果がデータでわかるのがいい

関節炎の猫にアンチノールを用いた際、プラスサイクルのデータで
症状の改善とともに活動量の増加が確認できました。
グラフで効果がわかるので、飼主さんが治療を続けるモチベーションに
なると思います。そして活動量を獣医と飼主が共有することは、
同じ軸で話ができるということ。治療の効果を説明する際にも
話しやすくて、飼主さんとのディスカッションもスムーズです。

いせしまペットクリニック:辻井先生

Case3:異常の早期発見のサポート、信頼構築ツールとして

竹原獣医科医院:竹原先生
>

継続的に信頼関係を築くツールとして

飼主さんがプラスサイクルで活動量の変化に気づき、検査を行うことは、
異常の早期発見につながります。異常がなかったとしても、
健康状態が確認できるのは、私たちにも飼主さんにも、
動物にもいいことです。留守中のペットの様子がわかるという興味から
使ってもらい、電池交換時など定期的に来院・健康チェックを
促すことで、継続的に信頼関係を築くツールとしていきたいですね。

PLUS CYCLE対応病院とは

PLUS CYCLEシステムをご利用いただける病院です(システム利用料:無料)
PLUS CYCLE対応病院お申し込みフォームより、お申し込みください

PLUS CYCLE対応病院のメリット

  • Dr. SITEをご利用いただけます。
  • PLUS CYCLE対応病院一覧に病院情報を掲載いたします。
  • 対応病院価格で活動量計をご購入いただけます。
  • 飼主様ご紹介用の宣材をお送りいたします。

PLUS CYCLE 対応病院一覧

セミナー発表・症例報告

NEW

※一部抜粋

「活動量・ジャンプ回数・睡眠を定量化して視えてきたコト~Plus Cycleのデータは新しい臨床的指標となり得るか?~」と題して日本大学 枝村准教授に解説頂いてます。

NEW

PLUS CYCLEケースレポート一覧

  • 椎間孔ヘルニアへのPLUS CYCLE利用の一例
  • アトピー性皮膚炎へのPLUS CYCLE利用の一例

※プラスサイクル対応病院限定公開となりますので、ご加入後に視聴可能となります。

Dr. SITEとは

来院患者さんの活動量計データが確認できます

  • アプリの「かかりつけ病院」に登録した飼主様・動物が、
    一覧に表示されます。
  • 登録ユーザーの活動量計データをご確認いただけます。
  • 登録ユーザーの「活動量・ジャンプ数低下アラート」を
    一覧でご確認いただけます。
  • アラートについて
    アラートは、活動量・ジャンプ数が「直近1週間」と比較し2日間連続で
    80%以下に減った時に、飼主様のスマホアプリおよび
    Dr. SITEで活動量・ジャンプ数の低下をお知らせします。
PLUS CYCLEアプリとは

PLUS CYCLE資料請求 / 対応病院お申込みフォーム

導入の流れ

①下記フォームより導入のご依頼。②メールにて、詳細資料とDr.SITEアカウント情報をお送りします。③ポスターなど、ご紹介資料一式をお送りいたします。

必要内容を入力の上、確認ボタンを押してください。
詳細資料はご入力いただいたメールアドレスへPDFにて送付致します。

必須依頼内容
必須動物病院名
必須電話番号(ハイフンなし)
必須メールアドレス
任意動物病院URL
必須お名前
必須ふりがな

任意

ご質問事項などございましたら記入ください

pagetop